CHALKART


 

チョークアートとは、

オーストラリア発祥の「看板アート」です。

 

ブラックボードにオイルパステルという画材を使用し、

絵や文字を色鮮やかに描いています。

指先でくるくると色を混ぜ合わせ、美しいグラデーションを作りあげます。

手描きの温かさと親しみやすさで、とても人気の高いアートです。

 

カフェやレストランの店頭だけでなく、メニューボードとしても活用できます。

結婚式やパーティーなどのウェルカムボード、インテリアボードにも最適。

 

学校で使用する黒板やチョークとは違い、表面を特殊コーティングしていますので、

触っても色落ちしない、鮮やかな色彩が長持ちします。

 

 一瞬で心をつかむチョークアートの魅力をぜひ、感じてみてください。

 

チョークアートには欠かせないモチーフ「リボン」

「ねむの木」/世田谷区尾山台



「肉バル・ノースマン」/六本木店

 

「ぱっと見た瞬間に

 興味を持ってもらえます」

 

お肉好きな人にはたまらない、お店で人気の高い肉料理をチョークアートでおいしそうに表現しています。

肉を食べたいなら、迷わずここに決めたくなりますね!

 

「3階の店舗入口まで

 お客様を誘導します」

 

チョークアート看板がビルの1階入口で、お客様をお出迎えしています。店名と3Fの文字を中心に、目にとまりやすいレイアウトになっています。

 

「お好きなサイズで

 作成いたします!」

 

現在お使いの「A型看板」や「イーゼル」に合わせて、看板をオーダーメイドすることができます。まずはお気軽にご相談ください。

 

オーダーの流れはこちら▶ORDER



 

チョークアートは特殊加工により鮮やかさが保たれますが、

そのためには少し気をつけていただきたいことがございます。

 

 チョークアートボードは柔らかい木材(MDFボード)を使用しています。

 落としたり、引っかいたりするとチョークアートのはがれの原因になりますのでご注意ください。

 一つ一つ手作りで仕上げているため、表面の凹凸がある場合がございます。

 表面のざらつきはボード本来の質感ですのでご了承ください。

 チョークアートは高温多湿を嫌います。雨のかかる場所でのご使用はお控えください。

  屋外でイーゼルなどを置いて使用する場合、風などで看板がとばないようボードを固定してください。

 洗剤などで表面を拭かないで下さい。